読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しくない人のための並行幻想郷 第6話

並行幻想郷+関連記事

ボイスパッチ

f:id:kasuga_gensokyo:20131029221446p:plain 鈴仙
「ボイスパッチ、インストール完了っ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221112p:plain フラン
「かえいづか無声版! 1ヶ月ぶりに起動!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221455p:plain メディス
「……ドキドキ」
  …………
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221456p:plain メディス
「おおぉぉ! 声が! 無声版に声がつきましたよぉ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221444p:plain 鈴仙
「閻魔様と死神さんに声が入りましたね~」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221108p:plain フラン
「ねぇ、メディスンが初登場する場面ってどこ?」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221455p:plain メディス
「最初の霊夢さん達のやり取りの後ですね。
 背景は人里なのですぐにわかります」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221109p:plain フラン
「わかった。じゃあ……そこまでスキップ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221444p:plain 鈴仙
「スキップした部分は後ほど楽しみましょう!」
  …………
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221115p:plain フラン
「選択肢は『やらない』。 続けてスキップ……
 あった。この場面だね」
   
f:id:kasuga_gensokyo:20130705164331p:plain 幽香(音声)
「フフフ、今日もいい天気ね。
 この3位の女がわざわざ人里に来てあげたのよ。
 なのになんで人の気配がないのよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221456p:plain メディスン(音声)
「かぁ~! 幽香さん!
 まだそんなことを言ってるんですかぁ?」
   
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221445p:plain 鈴仙
幽香さんとメディスンさんにも声が入りましたね~」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221500p:plain メディス
「バッチリ決まってますねっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221112p:plain フラン
「!?
 なっ……なんだこの声…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221458p:plain メディス
「フランさん?」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221113p:plain フラン
メディスンが……メディスンが……」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221459p:plain メディス
「わ、私が何です?」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221114p:plain フラン
「こんなにもハイテンションで可愛い声だったなんてっ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221458p:plain メディス
「……botのつぶやき担当として呼び出されて以来、
 よく話し合ってる仲なのに、そういう事を言われると凄く奇妙ですね」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221447p:plain 鈴仙
メディスンさんの声は全く聞こえていなかったので!
 メディスンさんだけが音声オフの状態だったと思ってください!

 それと私は萃香さんのように無気力》ながらも、
 どこか愛嬌のある声を想像してました」
TIP
萃香さんのように無気力》
萃香の0.3倍面倒臭い奴と言いつける霊夢のシーンを見て、
そこから私達の中での無声版メディスンのイメージが
萃香のようなキャラ」だと固定化されていた。
声は良くも悪くも抱いていたイメージをぶっ壊す。
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221459p:plain メディス
「今まで全然聞こえてなかったんですか!?

 ま、まぁそれはともかく萃香……いや萃香さん? ですか。
 ああいう感じの声もいいですよねぇ~」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221108p:plain フラン
「さっきはビックリしたけど、これはこれでアリだと思うよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221445p:plain 鈴仙
「私も少し戸惑いましたが、その内慣れるでしょう!
 むしろ笑顔が素敵なメディスンさんにはピッタリの声です!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221456p:plain メディス
「そっそうですか? えへへへ」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221110p:plain フラン
「そんなメディスンに一足早いお年玉!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221448p:plain 鈴仙
「今こそ覆い隠されたタグを全て曝け出す時! そぉいっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221457p:plain メディス
「お年玉だなんてそんな~……えっ、タグ? まさか? もしかして!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221115p:plain フラン
「そのもしかしてだよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221445p:plain 鈴仙
メディスンさんの台詞タグについていた『?』を
 今、全て除去しました!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221457p:plain メディス
「マジですか!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221444p:plain 鈴仙
「マジです!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221110p:plain フラン
「よかったねメディスン」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221458p:plain メディス
「よ、よかった……
 覆い隠されたまま3代目を終える事にならなくてよかったぁ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221116p:plain フラン
「そんな心配しなくてもメディスンが当分3代目だよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221451p:plain 鈴仙
「小悪魔さんも美鈴さんも現在、寝込んでますからね。
 4代目就任はまだ先になりそうです」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221455p:plain メディス
「寝込んでるって言われても、
 あのお二方、幻想郷日記EXTRAに出てましたよね?」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221108p:plain フラン
「それはそれ、これはこれだよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221444p:plain 鈴仙
「深く気にしちゃいけません」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221455p:plain メディス
「じゃあ気にしないことにします」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221445p:plain 鈴仙
「最後にちょっとしたネタばらし!
 メディスンさんの台詞は今まで全体の半分と言ってきましたが
 実は……プロローグから霊夢ルート1~9ステージの部分しか
 取ってませんでした!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221108p:plain フラン
幽香ルートはルート分岐から1ステージ開始までのわずかな部分のみ。
 《そこからは一切取ってなかった》みたいだよ」
TIP
《そこからは一切取ってなかった》
実際にプレイした方ならわかるだろうが
霊夢ルートと幽香ルートはステージ構成が異なる。
霊夢ルートはサクサク進むが、幽香ルートは中々先へ進まない。
なので私達は霊夢ルートを選び、幽香ルートを切り捨てた。
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221455p:plain メディス
「データが破損しなければ
 両ルートの台詞をつぶやけたんですけどねぇ~、現実は非情です」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221444p:plain 鈴仙
「ボイスパッチ適応で両ルートを再度楽しめるようになりましたから
 未収集の台詞もその内……」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221108p:plain フラン
「再収集するの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221450p:plain 鈴仙
「ほ、程々に……っ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221458p:plain メディス
「無理しちゃダメですよ、鈴仙さん」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221111p:plain フラン
「じゃないと美鈴と小悪魔のようになっちゃうよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221449p:plain 鈴仙
「わかってます!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221108p:plain フラン
「よし!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221455p:plain メディス
「そうと決まれば今日はもう寝ましょう!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221445p:plain 鈴仙
「大掃除とか買出しとかで忙しいですからね。
 ではおやすみなさーい!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221110p:plain フラン
「おやすみー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20131029221456p:plain メディス
「おやすみなさいです~」

……続く?

広告を非表示にする