忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA 2-3

アンケートコーナー:2

f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
5通目行くわ! ハンドルネーム
 ねこsuke@そこらへんに居た謎の哺乳類(大野)さん。
 フォロワーね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「前回の並行幻想郷EXTRA、7通目の人だな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120857p:plain レティ
「今回も参加してくれるとは思わなかったわ。ありがとうね。
 メッセージ。
 『いつも楽しませていただいております。
  あえてあれを半分使いました、と言う訳です。』
 プレイしてないと分からないネタをぶっ込んできたわね……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102530p:plain 大妖精
「この人の言う『あれ』って何ですか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104009p:plain レティ
「名前に含まれてる(大野)って部分のことよ。
 詳しくは『かえいづかEXTRA』をご覧なさい。
 ……私の口から宣伝させるなぁっ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102540p:plain 大妖精
「急にキレないでくださいよぉ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120857p:plain レティ
「ごめんなさい…………あ、それと。
 例のEXでの貴方のアンケートの部分はきちんと見てたけど
 何というか………………いい感じに弄られてたわね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110606p:plain ルーミア
「それを見た私達は少し妬ま……羨ましいとさえ思ったのかー」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120854p:plain レティ
「私達もあのくらいハジけた方がいいのかしら」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110608p:plain ルーミア
「でも『あれ』を出す気概は無いのかー」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120858p:plain レティ
「私達の場合、身バレは困るしねぇ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072503p:plain リグル
「二人共。『あれ』については、もうそのくらいにしておこうよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120857p:plain レティ
「そうね、身バレしちゃうからね。
 メッセージの続き。『あとアリスの登場を楽しみにしております。』
 この人、正気……?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072501p:plain リグル
「あの人形遣いは存在するだけで
 世界のバランスを大きく崩すからなぁ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102539p:plain 大妖精
「でもあの人がいないと居酒屋が成り立たないですよぅ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「居酒屋がこっちでも営業を始めるのと、平和な日常……
 どっちか選べって言われたら迷わず後者だろ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102530p:plain 大妖精
「そのどちらかなら、私は前者を選びます」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「…………アリスは幼女とショタへのウケはいいんだな。
 腐りきっててもお姉さんキャラは健在ってか」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110643p:plain 大妖精
「アリスさんを悪く言わないでくださぁい!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「へいへい。
 (アリス……私がいない間に変な物を
  こいつに食わせてたんじゃねぇだろうな……)」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120858p:plain レティ
「語って欲しい話題
 『アリス汁のおいしさについて。
  それをまったりとさっぱりクリーミーで
  かつアリス的な味わいでお願いします』
 私から言える事は何も無いわ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110605p:plain ルーミア
「リグル。アリス汁ってどういう飲み物なのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072507p:plain リグル
「知らないよ! 知ってても言いたくも飲みたくもないよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104027p:plain 上海
「アリス汁はアリスがいないと生成出来ない不気味な液体だな……
 ここに実物は無いから『語れない話題』だ。早く次の手紙へ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110647p:plain チルノ
「アリス汁って、この瓶に入ってる変な色の水か」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104027p:plain 上海
「うわっ! なんでお前、そんなもん持ってんだ?!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「これは向こうの幻想郷で人形遣いと拳で語り合ってる最中に
 人形遣いが落としたやつだ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104028p:plain 上海
「あいつが落としたモノは拾うなって寺子屋で教わらなかったのか!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102545p:plain チルノ
「知ってる。けどあたいが拾わなかったら誰も拾わないだろ。
 あいつの落とし物で誰かが迷惑するって言うなら
 あたいは人形遣いの私物だろうと構わずに拾って、あたいの物にする」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「さっき『クソゲーだったら投げてもいい』とか
 言ってたヤツの台詞とは思えんな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「でさぁ。こっちの幻想郷へ来る少し前にこれを飲んでみたんだ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104027p:plain 上海
「飲んだ!? お前、この液体を飲んだのか!!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「おう、少しだけな。そしたらさ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104027p:plain 上海
「そしたら……なんだよ……?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110651p:plain チルノ
「体が熱くなってきて……天に昇ってるような感じで……
 最高にハイな気分で、魔理沙の事しか
 考えられなくなったんだ…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102545p:plain チルノ
「『まぁぁぁりぃぃぃさぁぁぁ!!!』ってな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104025p:plain 上海
「それ、ただのアリス病だよっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「凄くいい気分だったのは確かだな。
 ああ、話してたらまた飲みたくなってきた!
 飲んでいいか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104028p:plain 上海
「飲むんじゃねぇ! よこせっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102547p:plain チルノ
「おい! それはあたいのだぞ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104028p:plain 上海
「元々はお前のじゃねぇだろ! フンッ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102545p:plain チルノ
「あぁ! あたいのアリス汁が!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「上海も時々人里に行くべきだとわかったところで次だ。
 次の手紙は……チルノが読め」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102543p:plain チルノ
「……さっきからあたいとお前しか喋ってないのに、
 あたいに読ませるのか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「あぁ読め。上海はしばらく黙るから」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102545p:plain チルノ
「しょうがねぇな。6通目行くぞぉ!
 ハンドルネーム玉スピさん。 フォロワーか」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「第1回・EXもどき、8通目の人ね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072453p:plain リグル
「リプでも言ったけど、
 前回のEXもどきで票を入れてくれてありがとう!
 みすち~も凄く喜んでたよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102530p:plain 大妖精
「あっ……私まだこの人にお礼言ってない」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「今ここで言えばいいんじゃね?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102539p:plain 大妖精
「そうだね。じゃあここで。

 玉スピさん、私なんかに1票入れてくれてありがとです。
 幻想郷を訪れる事がありましたら、
 その時は……蜻蛉切りの錆にしてあげますね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110647p:plain チルノ
「感謝と決闘の申し込みを同時に行うなんて、さすが大ちゃんだな。
 お、メッセージ付きだ。
 『好きなキャラを真剣に真剣に真剣に絞った結果がこれでした
  ごめんなさい壁を食べますから許してください』」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「前回は全員チェックされてたけど
 今回は絞ったと言うだけあって、されてない人もいるわね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110614p:plain ルーミア
「それでもかなりの多さなのかー」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「ここから更に絞ると一体どうなるんだろうな。
 まぁそれはともかく、語って欲しい話題『最近の趣味について』」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120853p:plain レティ
「趣味……1通目で言ってた『アレ』についてかしら」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102521p:plain ルーミア
「私達があの時言っていた『アレ』とはポケモンの事なのか~。
 よくよく思えばこっちの幻想郷では
 濁して言わなくても良かったのか~」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
ポケモンなぁ。春頃にオメガルビー
 アルファサファイアが発表されるまで飽きてたな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120855p:plain レティ
「BWもそうだったけど
 最近は殿堂入り後にやる事が無さすぎるものね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102521p:plain ルーミア
「『全国図鑑を完成させると、達成感と虚無感が同時に襲ってきて
  その結果、一気に熱が冷めて飽きる』って
 司書先輩が言ってたのか~」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072503p:plain リグル
「最終的には厳選→育成→廃人施設に挑み続けるしかないってのがなぁ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110639p:plain 大妖精
「でも私たちは200連勝どころか《100連勝も出来ない》……」
TIP
《100連勝も出来ない》
スターの実どころかサンの実すら私達には僅かに手が届かない代物……
入口でウロチョロする園児。カロスはイッシュと違って、
埋めて育てて増やせるんだから気前よく下さいよ。
むしろよこせ。両方とも1個ずつでいいから。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「オメガとアルファは新作じゃなくてフルリメイクらしいから
 今回もクリア後にできる事はあまり無いだろうな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103959p:plain レティ
「でも楽しみではあるわよね。
 私たちのポケモンは第3世代後期から
 本格的に始まったようなものだし」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102532p:plain 大妖精
ホウエンRSE)、カントー(FR・LG)、
 そしてオーレ(ポケコロ・XD)。
 3つの地方を旅できて楽しかったです」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110620p:plain ルーミア
「あの頃は《厳選がキツすぎた》のかー!」
TIP
《厳選がキツすぎた》
ルビサファとFR・LGには『性格遺伝』が存在しなかったので、
理想個体以前に目当ての性格を狙う事すら困難であった。
またFR・LGまでメタモンがいなかったので
♂と性別不明ポケモンのタマゴは作れなかった。
当時の廃人達は旧金銀以上に過酷な環境下で
戦っていたのは間違いない。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072500p:plain リグル
「僕の中では《まだ虫が強くなかった時代》の印象が強いかな……」
TIP
《まだ虫が強くなかった時代》
ヘラクロスメガホーン
羽を持つ虫=『銀色の風』
ごく一部の虫=シグナルビーム

角はあるんだけど『メガホーン』は出来ない虫
角も羽も無くて、ビームも撃てない虫
羽はあるけど遺伝し忘れた(または遺伝出来ない)
 威力を重視したい場合=
『目覚めるパワー(虫、威力70〔理想〕)』

目覚めないと虫タイプの攻撃が出来ない子がいるって
ふざけすぎでしょう……

『連続切り』=役立たず。論外。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「この話題に対する総評は
 『熱したり冷めたり激しいけど、
  そんなポケモンこそがあたいたちの数少ない楽しみ』だな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102531p:plain 大妖精
オメガルビーアルファサファイアが待ち遠しいね。チルノちゃん」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102545p:plain チルノ
「そうだな。氷タイプの少ない地方が舞台だけど楽しみだな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104007p:plain レティ
ユキワラシ……今度こそ貴方を捕まえて、殿堂入りしてみせるわ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072452p:plain リグル
「僕はアーマルドと一緒に最後まで行きたいな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110606p:plain ルーミア
ホウエンにゴースはいないから、
 私は普通に進めて普通に殿堂入りするのかー」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102545p:plain チルノ
「皆の心意気が聞けたところで次だ!
 次はー……ルーミア、君に決めた!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102523p:plain ルーミア
「任せろなのかー!
 7通目、ハンドルネームキング・パンドラさん。
 フォロワーなのか~!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102545p:plain チルノ
「お、全員フォローしてくれてる!
 あたいが代表としてお礼を言っておこう! ありがとな!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102521p:plain ルーミア
「メッセージがあるのかー。
 『いつもPCを弄りながら見てます。忙しくても見てます。
  結果何も進みませんがいつも笑わせて貰ってます。』」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072451p:plain リグル
「確かホームページを作ってるんだっけ?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102531p:plain 大妖精
「そうみたい。ホームページかぁ……懐かしいなぁ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072504p:plain リグル
「大ちゃん、ホームページ作ってたの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102530p:plain 大妖精
《持つ事がステータスだった時代》に何度か」
TIP
《持つ事がステータスだった時代》
それはホームページ用のレンタルサーバーが今よりも多かった時代。
他サイトに相互リンクを申し込みながら
アクセス数を増やそうと画策する時代。
色んなサイトが作られては消えていった時代……
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「最終的にどうなったんだ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110634p:plain 大妖精
「存在意義が見出せなくなったから畳んだよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102543p:plain チルノ
「そっか……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110624p:plain 大妖精
「あの人、元気にしてるかな。またお話したいなぁ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「そういえばこの人、例大祭で買った物を並べて写真に撮ってたけど」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110605p:plain ルーミア
「撮ってたけど……なんなのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「その写真を見る限り、カスガソフトのブースに行って
 忙しい人のための幻想郷シリーズを買ってたっぽいのよね。
 『無声版』を除く本編作品全て」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110606p:plain ルーミア
「レティは何が言いたいのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120854p:plain レティ
「この人は『ようようむ』を買ったのに
 『ようようむ・システムボイスCD』は写ってないのよ……
 もう在庫切れで頒布してなかったのかしら?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102521p:plain ルーミア
「実は貰ったけど並べて撮影するのを忘れてただけじゃないのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120857p:plain レティ
「そうなのかしら…………何だか凄く気になるわね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102545p:plain チルノ
「そんな事より『語って欲しい話題』は何なんだ、ルーミア!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110609p:plain ルーミア
「語って欲しい話題は……「地球温暖化」なのかー。
 わからないのかー」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102546p:plain チルノ
「わかんねぇや!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102540p:plain 大妖精
「わかりませんよぅ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072501p:plain リグル
「答えられないね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104008p:plain レティ
「難題すぎるわ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
2通目の人も似たような話題を送ってきてたが
 私達にその手の話題は一切語れん。世間に疎くてすまんな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102523p:plain ルーミア
「次、行くのかー。 次はお前が読むといいのかー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「あいよ。8通目、ハンドルネーム山嵐さん。
 フォロワーらしいぞ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「命中すれば必ず急所に当たるあの格闘技か?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「それとは関係ねぇから」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102530p:plain 大妖精
「あっ、この人も全botフォローしてくれてますね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「そうか…………ありがとうよ。
 メッセージは無いから能力『和について知ろうとする程度の能力』。
 日本が大好きなのはいい事だ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110606p:plain ルーミア
「語って欲しい話題は何て書いてあるのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「話題は『文ちゃんの魅力について』だとよ。
 好きなキャラといい、話題といい、登場希望といい……
 あの天狗の事ばかりだな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
《たまに変な顔になるところ》だ」
TIP
《たまに変な顔になるところ》
あの表情は怒りだけでなく、喜び・呆れとしても使える。
レミリアの怒り表情と同じくらい便利な表情。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102532p:plain 大妖精
《気の抜けるような声で語りかけてくる》ところでしょうか」
TIP
《気の抜けるような声で語りかけてくる》
最初はこれじゃないと思っていた。
しかし慣れたらそうは思わなくなった。
初見での見た目やイメージが気に食わなくても、
最終的に慣れでどうにかなる事もある。慣れって凄いですね!
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102522p:plain ルーミア
「天狗が喋ってる台詞には《TIPが含まれやすい》ところなのかー」
TIP
《TIPが含まれやすい》
『こうまきょう』以降から時折登場する
チーズ系列のTIPがちょっと楽しみだったりする。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「魅力に関してじゃねぇけど、次は『ふうじんろく』だったな。
 あの《天狗と白狼天狗がどう絡むのか》見ものだな」
TIP
《天狗と白狼天狗がどう絡むのか》
『こうまきょう』の頃は至って普通の関係だったようだが
『かえいづか』ではよくわからない事になっていた。
その答えは『ふうじんろく』で明かされるのだろうか……?
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102530p:plain 大妖精
「8通目終了だね……次へ行く前に場面切り替えやっとく?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102521p:plain ルーミア
「やっておくのかー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102545p:plain チルノ
「よぉし! レティ、リグル! タイトルコールだ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104000p:plain レティ
「えぇ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072451p:plain リグル
「任せといてよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「待て!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120853p:plain レティ
「何?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「もう7月の上旬を過ぎてるぞ。
 秋になるまで一度中断した方がいいんじゃないのか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072451p:plain リグル
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102521p:plain ルーミア
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102530p:plain 大妖精
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102542p:plain チルノ
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104007p:plain レティ
「そうよね……わかったわ。
 第2回・並行幻想郷EXTRA、一時中断よ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102531p:plain 大妖精
「ここまでの かつやくを
 せつめいしょに かきこみますか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102523p:plain ルーミア
「『はい』なのかー」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102532p:plain 大妖精
「……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102530p:plain 大妖精
「わたしたちは 
 せつめいしょに しっかり かきのこした!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072451p:plain リグル
「これでいつ電源を切っても大丈夫だね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「記録は大事だが、やる事はきっちりやっとけ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227122332p:plain リグル
「なにを?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104028p:plain 上海
「タイトルコールだよ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227122334p:plain リグル
「あっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104008p:plain レティ
「リグル! 中断前でも一応やっとくわよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072451p:plain リグル
「うん!」
  …………
  f:id:kasuga_gensokyo:20140227104007p:plain f:id:kasuga_gensokyo:20140227072503p:plain
レティ・リグル
「忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102531p:plain 大妖精
「ここまでの かつやくを
 せつめいしょに かきこ
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104025p:plain 上海
「もういいよ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227110642p:plain 大妖精
「ごめんなさぁい」
   
続く。
2-4
広告を非表示にする