【カスガソフト】東方キャラbot 説明資料集

第6回・並行幻想郷EXTRAのアンケート募集中……(締め切り:9月2日0時まで)

忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA 2-6

第2回・集計結果

f:id:kasuga_gensokyo:20140415181906p:plain  
紅魔館・客室
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120858p:plain レティ
「上海! ここにいたのね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「おお雪女。手紙ならさっき読み終わったぞ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「そう。それならよかったわ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102920p:plain 咲夜
「紅魔館へ何用でしょうか。大きさに定評のある雪女さん」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104009p:plain レティ
「デカくないわよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120854p:plain レティ
「……この後の集計結果のことなんだけれど」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111854p:plain レミリア
「お前らでやればいいじゃんか」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「それも考えたんだけど……今回カンペ役とか使わなかったから
 ずっと私達が出突っ張りじゃない?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102944p:plain レミリア
「そうだな。お前達が主役のEXもどきだからな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103959p:plain レティ
「だから貴方達。
 もとい今回のゲスト希望に選ばれた人たちで
 集計結果してくれない?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102947p:plain レミリア
「は?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102921p:plain 咲夜
「何ゆえ?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104000p:plain レティ
「出番欲しいでしょ?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102946p:plain レミリア
「お前らに出番を恵まれるほど
 私たちは落ちこぼれちゃいねぇよ。なぁ、みんな?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102932p:plain 咲夜
「是非とも出番を下さい!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111732p:plain 美鈴
「わ、私なんかが出てもいいんですか!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103014p:plain フラン
「これは……出なきゃ損だよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
「そうですねっ!」
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain
姉妹からは名前で呼ばれてない
制服ウサギことウサギのお姉ちゃん
鈴仙・優曇華院・イナバ
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072521p:plain ミスティア
「出させてください! 出させてくださいっ!!」
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072521p:plain
性的な意味でおいしそうな夜雀
ミスティア・ローレライ
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102953p:plain レミリア
「出番に飢えすぎだろ! 制服ウサギと夜雀まで出てきたし!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103015p:plain フラン
「さっきスッと出てきてスッと帰って
 また出てきた私にはノーコメントなの、お姉さま?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102954p:plain レミリア
「フランは別にいいのよ!
 出番無いんだから、どんどん出てきなさい!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103008p:plain フラン
「うわーい!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120855p:plain レティ
「あら。ゲスト希望に選ばれた人が揃ったわね。
 ちょうどいいわ。このまま集計結果をお願いね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102859p:plain 小悪魔
「レティさん。集計結果をまとめた用紙とかはお持ちですか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「……発表自体、この子達に任せるつもりだったから
 作らずに来ちゃって。ていうかあなた誰?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102900p:plain 小悪魔
「小悪魔です。持っていないのでしたら
 これを代表の方に渡してあげてください」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120857p:plain レティ
「貴方が渡せばいいんじゃあ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111754p:plain 小悪魔
「私は向こうにいるパチュリー様を
 急いで撤去しなくちゃいけないので」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104000p:plain レティ
「そう。じゃあありがたく頂くわね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102901p:plain 小悪魔
「どういたしまして。では」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111751p:plain 小悪魔
「さぁパチュリー様。この部屋から出て行きましょう」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102917p:plain パチュリー
「うぇ!! もう出番ないのっ!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111752p:plain 小悪魔
「ありません。パチュリー様は今回0票なんですから」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102918p:plain パチュリー
「0票!? 嘘でしょ! そんな事あるはずがっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228062623p:plain メディス
「アンケートを募集する前に
 パチュリーさんのゲスト希望枠だけ消しておきましたから~。
 票なんて入るわけないですよぉ~!」
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140228062623p:plain
ゲスト希望:0票。得意技は『みちづれ』
メディスン・メランコリー
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102900p:plain 小悪魔
メディスンさん、ナイスです!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102917p:plain パチュリー
「ひっ、酷いわ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111804p:plain 小悪魔
「安心してください、パチュリー様。
 私もゲスト希望0票だったので」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228062626p:plain メディス
「そうですよぉ~! 私も!
 それに霊夢さんも0票だったんですから!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102917p:plain パチュリー
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111754p:plain 小悪魔
「一緒にポケモンしましょう、パチュリー様」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228062630p:plain メディス
「0票同士、仲良くポケモンです!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102918p:plain パチュリー
「…………うん」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072522p:plain ミスティア
「小悪魔さん……メディスンちゃん……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
「二人が身を投げ出してくれたおかげで
 パチュリーさんの出番を平和的に封じることが出来ました!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111736p:plain 美鈴
パチュリー様は一度出てくると
 中々引っ込まない強敵ですからね……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103016p:plain フラン
「この犠牲は無駄に出来ないよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102954p:plain レミリア
霊夢……ついに0票か……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102930p:plain 咲夜
霊夢には主人公に求められる何かが……
 こう、色々足りないんでしょうかね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「んー、今回の代表は……上海、頼める?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「やらねーよ、めんどくせぇ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104008p:plain レティ
「えぇっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain 上海
「適任がいるだろ。あいつとか。
 最後はエピローグなんだから、あいつに任せてとっとと戻るぞ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120853p:plain レティ
「あいつ? あぁ、あの子ね!」
   
…………
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031324p:plain 鈴仙
「イナバと!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072530p:plain ミスティア
ローレライの!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072518p:plain
鈴仙ミスティア
「集計結果発表~!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102550p:plain 美鈴
「パチパチパチパチ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102935p:plain 咲夜
「よっ! 待ってましたっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103008p:plain フラン
「わーい!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102947p:plain レミリア
「今回もいきなり始まるのな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031326p:plain 鈴仙
「気にしないでください! んーと……
 今回のアンケートで送られてきた手紙は12通
 なんと第2回にして2桁を突破しました!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102956p:plain レミリア
「じゅ、12通も来てたのか!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103014p:plain フラン
「! なん……だと……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102923p:plain 咲夜
「お嬢様と妹様が驚いてるわ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102548p:plain 美鈴
「お二人は12通目~と言ってた時にはいませんでしたからね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102957p:plain レミリア
「あいつら……やるじゃねぇか……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103008p:plain フラン
「すごいすごい! この企画で2桁突破なんて最初で最後かも!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072530p:plain ミスティア
「いい思い出が出来ましたね。
 さて、アンケートには様々な項目があり、
 それを皆さんは快く回答してくれました!
 今からその回答の集計結果を順番に発表していきます!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
「アンケートの選択項目は今回8つありましたが、
 『性別』は除外するので実質7つです!
 最初は『当botをどこでお知りになりましたか。』から!」
  Q:botをどこでお知りになりましたか。
■検索などでたまたま見つけた:9票
■他者のツイッターアカウントから:1票
■その他:2票
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072509p:plain ミスティア
「検索から来た方が多いみたいです」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
《カスガソフト以下略の選択肢》を削ると、こうなるんですね!」
TIP
《カスガソフト以下略の選択肢》
前回、この項目の選択肢の一つだった
『カスガソフトのツイッターアカウントから』の事。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103016p:plain フラン
「うーん……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
「どうしました?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103011p:plain フラン
「この項目、質問になってない気がする。
 検索から来るのは至極当然じゃないの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031327p:plain 鈴仙
「…………ハッ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102959p:plain フラン
「次からは別の質問にした方がいいと思うよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031310p:plain 鈴仙
「……そうですね。
 次回やる時は質問の内容を変更しておきます!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072509p:plain ミスティア
「次の項目は
 『この中で好きなキャラを教えてください(複数回答可)』です」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031326p:plain 鈴仙
「票数は今回も非公開!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102955p:plain レミリア
「ふざけるな制服ウサギ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072526p:plain ミスティア
「別枠で! 別枠でちゃんとやります!! やってますから!!」
   
寄り道。
(別枠)集計結果2
   
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031324p:plain 鈴仙
「別枠でやっているので次、行きます!
 『当botのフォロワーですか?』!」
  Q:botのフォロワーですか?
■はい:10票
■いいえ:2票
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072518p:plain ミスティア
「『はい』の方が多いですね~。では次いきます」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102953p:plain レミリア
「早っ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031331p:plain 鈴仙
「前置きが長かったのでなる早で進めたいんです!
 ご協力お願いします!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072509p:plain ミスティア
「お願いしまぁす。
 次は『この中で好きな脇役キャラを教えてください(複数回答可)』!
 この項目の発表はこちらで行います」
  Q:この中で好きな脇役キャラを教えてください(複数回答可)
レミリア型通信機:8票(↑)
■ミミズ:8票(↑↑↑)
■蓬莱人形:5票(↑↑↑)
■半霊:4票(↑↑↑↑)
■リリーX:3票(↓↓)
■ゆっくりありす:3票
■スキマさん:3票
■ゆっくりまりさ:2票
■メイドA:1票
■メイドB:1票
■ゆっくりれいむ:1票(↓)
浄玻璃の鏡1票(↑)
■名称不明(キャスター):0票
■子供A:0票
■子供B:0票
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031326p:plain 鈴仙
「矢印の(↑)(↓)は別枠で説明したので省略!
 前回、投票枠に入ってなかった3人の内、
 2人は票が貰えたみたいです!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102944p:plain レミリア
「お前によく似た奴は貰えなかったみたいだけどな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031316p:plain 鈴仙
「…………グスン」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102947p:plain レミリア
「何故泣く……お前に似た奴ってだけなのに」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031320p:plain 鈴仙
「なんか……他人とは思えないので……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102953p:plain レミリア
「赤の他人だよっ! 見た目以外は!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072521p:plain ミスティア
「子供Aちゃん、今回も0票かぁ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102929p:plain 咲夜
「うちのメイド2人も票数に変化はないわ。
 メイド妖精はいてもいなくても問題ない子、という事かしら……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072509p:plain ミスティア
「役には立ってるんですか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102920p:plain 咲夜
「ぼちぼちと」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072511p:plain ミスティア
「ぼちぼちでも役に立ってるならいいじゃないですか。
 役に立たないよりかはマシですよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102922p:plain 咲夜
「そっスね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111734p:plain 美鈴
「お嬢様の面白通信機はやっぱり強いですねー。
 おミミズ様と同率1位ですよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102954p:plain レミリア
「面白言うな。『ようようむ』からもう4年9ヶ月経つっていうのに
 ミミズブームは未だに去ってねぇのか」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031324p:plain 鈴仙
「私は例の音響監督が演じていれば何でもいいのかなと
 勝手に思ってましたが、浄玻璃の鏡はたった1票なんですよね。
 知名度の差ですかね?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102935p:plain 咲夜
「『ようようむ』は本編の全盛期。キリッ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102944p:plain レミリア
「私達が勝手に言ってるだけだがな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103001p:plain フラン
「私が出てるんだから全盛期で間違いないよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102948p:plain レミリア
「そうかな…………そうなの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103020p:plain フラン
「そうだよ!!!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102954p:plain レミリア
「いきなりキレないでよ! …………怖いから」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102550p:plain 美鈴
「『かえいづか』は無声版、有声版に分かれてますし
 そもそも聞いてないって人もいるかもですね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072513p:plain ミスティア
「さすがにそんな人はいないかと……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
「そのままプレイすればボイス無し!
 でもボイスパッチを当てればフルボイス化!
 無声版でしか聞けないやり取りも
 ちょっとだけある『かえいづか無声版』!
 委託店舗にて《在庫がはけるまで発売中》ですっ!!」
TIP
《在庫がはけるまで発売中》
某所では未だに無声版の在庫がある。
まぁ有声版があるなら無声版なんていらんわな。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102955p:plain レミリア
「どさくさ紛れに宣伝すんな!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
メディスンさんの代わりに宣伝したまでです!
 さて、この項目はここまでにして次へ行きましょう!
 『ゲスト追加希望キャラ(※必ず追加されるとは限りません)』!」
  Q:ゲスト追加希望キャラ(※必ず追加されるとは限りません)
上海人形5票
レミリア2票
■美鈴:1票
■咲夜:1票
■フラン:1票
ミスティア1票
鈴仙1票
■特に無し:0票
霊夢0票
■小悪魔:0票
メディスン:0票
■パ チ ュ リ ー:0票
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031313p:plain 鈴仙
「上海さん強すぎぃ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102944p:plain レミリア
「上海は5票で、私は2票。
 美鈴たち5人は1票、それ以外の3人は0票か……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102931p:plain 咲夜
「非公式でもゲスト票は固定化されるもの……チッ!
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102549p:plain 美鈴
「公式ではどういう投票結果になってるのか
 詳しく知りたくなってきますね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103021p:plain フラン
「一つだけわかるのは向こうでの《パチェの1位は確定事項》
 ワクワクやドキドキなんて微塵もないってことだよ」
TIP
《パチェの1位は確定事項》
確定事項と書いているが、私達が勝手にそう思っているだけです。
詳しい事は知らん。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227122343p:plain ミスティア
「次行きます!
 次は『botとしての登場を期待しているキャラ』……あれ?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102920p:plain 咲夜
「何も書かれてないの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072524p:plain ミスティア
「はい! 票数もキャラも何も書かれてませんっ!!」
   
  Q:botとしての登場を期待しているキャラ

非公開情報
 
   
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
「その結果は私と!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102550p:plain 美鈴
「私とー……ここにはいませんが
 小悪魔さんとメディスンさんだけが知ってます」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102947p:plain レミリア
「秘密を握る仲間が増えてやがる……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103000p:plain フラン
「私はその仲間じゃないけど知ってるよ、今回の投票結果!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111735p:plain 美鈴
「妹様!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031327p:plain 鈴仙
「なんということでしょう!
 フランさんに情報が漏れてしまいました!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103001p:plain フラン
「大丈夫大丈夫。言いふらしたりはしないから」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111737p:plain 美鈴
「よっ、よかったぁ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031329p:plain 鈴仙
「もし聞かれても黙秘してくださいねっ! 話を戻します!
 今回のゲスト希望なんですが~……あははは」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102948p:plain レミリア
「どうした。残念な結果にでもなってたのか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031312p:plain 鈴仙
「残念といいますか……
 今回、送ってきてくださった12人の方は
 全員、登場希望がバラバラで……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111736p:plain 美鈴
「つまり選ばれた《12名、全員が1票ずつ》という
 結果になっちゃいまして……」
TIP
《12名、全員が1票ずつ》
誰か1人ぐらいは2票入ってるだろうと思ったら
全員1票ずつという結果になってしまった。
こちらに関しては想定外だった。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102920p:plain 咲夜
「この場合は12人全員を出すのかしら?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031322p:plain 鈴仙
「無理ですっ!! 死んでしまいますっ!!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102559p:plain 美鈴
「尋常ではない負担がかかるので……全員は出来ません……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111853p:plain レミリア
「でも出さないわけにはいかないだろう」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102558p:plain 美鈴
「3人くらいなら問題ないんですけど」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031320p:plain 鈴仙
「せいぜい3人ですね! それが私達収集人の限界です!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072509p:plain ミスティア
「登場希望された方から3人選ぶんですか」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
「そうなりますね!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102548p:plain 美鈴
「小悪魔さん達と相談した上で誰と誰と誰を呼び出すか決めます」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102959p:plain フラン
「美鈴、ウサギのお姉ちゃん。
 台詞収集する時は私も呼んでね。手伝うから!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102550p:plain 美鈴
「はい! その時はお願いしますー」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
「お待ちしてまーす!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102944p:plain レミリア
「で? 今回はどういう奴らが選ばれたんだ。
 名指ししない程度でいいから教えてくれ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111733p:plain 美鈴
「さっきも言いましたがバラバラですね。
 負担のかかり方は人それぞれなので何とも言えません」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
「アレとアレ以外の枠からバラバラに選ばれてましたっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111854p:plain レミリア
「アレとアレ?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031325p:plain 鈴仙
「アレの一つは全員呼び出し済みの『こうまきょう』!
 もう一つのアレは秘密です!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227111858p:plain レミリア
「そうかい……
 わかるようなわからないような説明、ありがとうよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031326p:plain 鈴仙
「では最後の項目の発表に参りましょう! 最後は
 『このアンケート内容を説明書内で取り上げても構いませんか?』!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072518p:plain ミスティア
「結果はこちら~」
  Q:このアンケート内容を説明書内で取り上げても構いませんか?
■いいですよ!:12票
■ダメです……:0票
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072530p:plain ミスティア
「全員一致で『いいですよ』!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
「さすが皆さんです!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102920p:plain 咲夜
「お嬢様、今回のポイントは」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102944p:plain レミリア
「初参加の人には3ポイント、
 続けて参加してくれた人には6ポイントかな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102922p:plain 咲夜
「わかりました。そのように加算しておきます」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
「ポイントを加算するといっても低いに越した事はないですよね。
 1億ポイントで霊夢さんの夢想天生が炸裂するんですから!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103016p:plain フラン
「ウサギのお姉ちゃんはわかってないなぁ。
 0ポイント止まりは殺す価値もないくらい
 ちっぽけでどうでもいい存在という事を意味してるんだよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031307p:plain 鈴仙
「その理屈でいくとポイントが高ければ高いほど
 殺したいくらい愛してるって事になりません?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102959p:plain フラン
「………………そうとも言うね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102947p:plain レミリア
「そうなると最終的に手を下す相手が
 霊夢というのがよくわからないな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
霊夢さんは主人公ですから!
 両手を血で染める役にはうってつけです!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102954p:plain レミリア
「主人公の使い方おかしいから! 霊夢にグロい事やらせんな!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102920p:plain 咲夜
「前回も参加していただきました
 黒糖モチさん、玉スピさんが19ポイント。
 ねこsuke(大野)さんが9ポイント。
 今回初参加の方と前回のみ参加の方は3ポイントです」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072518p:plain ミスティア
「1億ポイント目指して頑張りましょう」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102944p:plain レミリア
「まぁどうやっても無理だけどな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031326p:plain 鈴仙
「今回の集計結果は以上です!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072511p:plain ミスティア
「お疲れ様でした~」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102548p:plain 美鈴
「お疲れですー」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102920p:plain 咲夜
「お疲れさぁぁぁっす!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103008p:plain フラン
「お疲れー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102946p:plain レミリア
「乙」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072509p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102548p:plain
鈴仙ミスティア・美鈴
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102920p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102959p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102944p:plain
咲夜・フラン・レミリア
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072521p:plain ミスティア
「えと……タイトルコールで締めましょうか」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102946p:plain レミリア
「私はさっきやったからパスな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102552p:plain 美鈴
「私も一度やったので……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227102921p:plain 咲夜
「右に同じ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103011p:plain フラン
「私はやってないよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227072518p:plain ミスティア
「では、ご一緒に!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
「やりましょうフランさん!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103001p:plain フラン
「うん!」
  …………
  f:id:kasuga_gensokyo:20140227103008p:plain f:id:kasuga_gensokyo:20140227072530p:plain f:id:kasuga_gensokyo:20140228031326p:plain
フラン・ミスティア鈴仙
「忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA!」
   
続く。
2-7(エピローグ)
広告を非表示にする