読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA 3-8(別枠)

(別枠)集計結果3

f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
「今回の『この中で好きなキャラを教えてください』の
 結果は、こうなりましたっ!」
   
  この中で好きなキャラを教えてください(複数回答可)
パチュリー10票(↑↑↑)
  レミリア9票(↑)
上海人形9票
  魔理沙8票(↑↑↑)
ミスティア8票(↑↑↑)
  ■ 小悪魔:7票(↑↑↑)
  咲夜6票(↑)
  霊夢5票(↑↑↑)
├ フラン:5票(↑)
妖夢5票
├ 藍:5票(↑↑)
鈴仙5票(↑↑↑↑)
└ 映姫:5票(↑)
  ■ 大妖精:4票(↑↑)
チルノ4票(↓)
├ 美鈴:4票(↑)
幽々子4票
  ルーミア3票(↓↓)
├ レティ:3票
├ アリス:3票(↓↓)
リリーホワイト3票
├ ルナサ:3票(↑↑)
├ 紫:3票(↓)
萃香3票(↓)
├ リグル:3票
├ 慧音:3票(↑)
├ 妹紅:3票(↓)
├ 文:3票(↓)
メディスン:3票
幽香3票(↑↑)
└ 小町:3票
  ■ リリカ:2票
  ■ 橙:1票
├ メルラン:1票
└ てゐ:1票(↓)
  ■ 永琳:0票(↓↓)
輝夜0票(↓↓↓)
補足
票数の隣にある(↑)(↓)は、
第2回の票数と比較し、前回より上がっている場合は(↑)
下がってしまった場合は(↓)と表記しています。
矢印のないキャラは票数に変動がなかったキャラです。
   
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071057p:plain ルーミア
「紫もやしの一人勝ちなのか~……つまらないのかー!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081355p:plain レミリア
「やっぱりパチェは強ぇなぁ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130080531p:plain 咲夜
《1回目はお嬢様》で、2回目は上海。そして3回目はパチュリー様。
 人気キャラ3名が1回ずつ1位の座を得たわけですね」
TIP
《1回目はお嬢様》
フランと同票1位。
余談だが久々に第1回・並行幻想郷EXTRAを見直してみたら
当時のアイコンの出来が酷すぎるのと
どアップ多用しすぎ(=表情パターン少なすぎ)で、
何とも言えなくなった。
正直差し替えたいが、ダルいのでこのままにしておく。
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064553p:plain ルーミア
「いつもの奴らはどうでもいいから、その下を見ていくのか~」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031325p:plain 鈴仙
「いつもの人達の下には魔理沙さんとミスティアさんですか。
 3票アップしながら更に上位へ食い込むとは!
 しかし! いつもの人達には、あと一歩及びませんでした!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「いつもいつも言うなよ!
 私達に入れる奴らが多いんだから、しょうがないだろ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073830p:plain 小悪魔
「…………………………」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「なんで睨むんだよ!
 お前も前回より3票アップで、夜雀共のすぐ下にいるだろっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073831p:plain 小悪魔
「先ほどの言い回しを聞いて、
 個人的に睨みたくなったので、つい睨んでしまいました」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「素直に結果を受け入れろ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130080559p:plain 咲夜
「私、1票アップで6票! 6票は私だけのものよっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071205p:plain 美鈴
「私は……4票ですね。1票アップしましたー。
 妹様や小悪魔さん、咲夜さんと並ぶのは難しいなぁ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071041p:plain ルーミア
「門番は票数1位を目指さないのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064711p:plain 美鈴
「上位になるより親しい人と同じ順位になる方が
 私としては嬉しいですかね」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071045p:plain ルーミア
「上昇志向が無いのかー……それはそれで有りなのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130080619p:plain 咲夜
「美鈴、私は更なる高みで貴方を待つわ。
 いつの日か、この私を超えてみなさい! ハーッハッハッハッ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071214p:plain 美鈴
「はい! 咲夜さん!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071042p:plain ルーミア
「メイドが常に上にいる保証なんて、どこにもないのかー」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065017p:plain 咲夜
「そりゃそうじゃ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
「いつもいつでも本気で生きてれば、大丈夫大丈夫!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「浮き沈みが激しくても生き続けるしかありません。
 命尽きる、その日までは」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081355p:plain レミリア
「何の話だよ、コレ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130080559p:plain 咲夜
「お嬢様、お嬢様! 見てください!
 霊夢が5票も獲得してますよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081404p:plain レミリア
「3票アップ……お情け票か?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065022p:plain 咲夜
「違います。 ……多分
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081405p:plain レミリア
魔理沙に近づいてきてはいるが、まだまだだな……
 やっぱ暴力巫女より盗人魔法使いなのか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065021p:plain 咲夜
「その例えだと、どっちも大差ないんですけどね」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071042p:plain ルーミア
「黒髪の女より金髪の女なのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065051p:plain レミリア
「フランも似たようなこと言ってたけど、髪の色は関係ない」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073814p:plain 小悪魔
「今回は3票の人が多いですね。
 上がった人、変動してない人、下がってしまった人。
 よりどりみどりです」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071054p:plain ルーミア
「前回主役だった私達5人は大妖精以外、下がっちゃったのかー……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073818p:plain 小悪魔
「主役補正というやつでしょうか。
 でもメディスンさんは今回主役なのに変動してませんねぇ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071042p:plain ルーミア
「もう1人の侍も主役なのに票数が変化してないのかー」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065041p:plain レミリア
「受ける奴によって、補正を受けた時の上がり具合が違うんじゃね?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073821p:plain 小悪魔
「なるほど。じゃあお嬢様がその補正を受ければ
 『はらだいこ』のように最大まで上がるんですね。
 そうなんですよね?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081404p:plain レミリア
「そこまでは言ってない。
 今日はよく突っかかってくるな、お前」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073831p:plain 小悪魔
「無性に八つ当たりしたくなる時もあるんですよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081354p:plain レミリア
「何に怒ってるんだよ、お前は……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071041p:plain ルーミア
「うど……ウサ耳ー? どうかしたのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031316p:plain 鈴仙
「……師匠と姫が……0票…………?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071235p:plain 美鈴
「!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065027p:plain 咲夜
「ついに、この項目で0票がっ!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031320p:plain 鈴仙
「…………初0票が私の上司2人って……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073818p:plain 小悪魔
「しかもてゐさんは1票にまで下がっちゃいましたし……
 鈴仙さんの票数が今回大きくアップしたのって、まさか……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「おいコラ!! それ以上、こいつに対して言うな!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031319p:plain 鈴仙
レミリアさん………………
 小悪魔さんは多分こう言いたいんじゃないかと」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「わかるのか、制服ウサギ!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031324p:plain 鈴仙
「私が今回獲得した票数は
 本来、師匠と姫に与えられるはずだった票……だとすれば!」
   
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031316p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150310201337p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150310201339p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150310201341p:plain
鈴仙5票(↑↑↑↑)

■ てゐ:1票(↓)

■ 永琳:0票(↓↓)
輝夜0票(↓↓↓)
 
f:id:kasuga_gensokyo:20150310201338p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150310201340p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150310201336p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain
■ 永琳:2票
輝夜2票(↓)

■ てゐ:1票(↓)
鈴仙1票
   
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
「このように私の票数を分配すれば上司2人の面目が立ち、
 なおかつウサギ同士で1票コンビが組めます!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065054p:plain レミリア
「お前が1票になるじゃねぇか! それでいいのかよ!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031326p:plain 鈴仙
「0票は恥ですが、1票は恥ではありません! なので問題無しです!
 私のこの答え……合ってましたか、小悪魔さんっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073747p:plain 小悪魔
「大体合ってますね」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065054p:plain レミリア
「合ってんの!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064723p:plain 小悪魔
「ならば私は自分の票数を美鈴さんと咲夜さんに1票ずつ分けて、
 美鈴さんと一緒に、妹様と同じ5票コンビになりましょう」
   
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064722p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065017p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051435p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064710p:plain
■ 小悪魔:7票(↑↑↑)

咲夜6票(↑)

■ フラン:5票(↑)

■ 美鈴:4票(↑)
 
f:id:kasuga_gensokyo:20150130080617p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071216p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073807p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051444p:plain
咲夜7票(↑↑)

■ 美鈴:5票(↑↑)
├ 小悪魔:5票(↑)
└ フラン:5票(↑)
   
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071236p:plain 美鈴
「小悪魔さん! そんな……せっかくの7票なのに」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064724p:plain 小悪魔
咲夜さんの上に私がいるのはおかしい気がするので。
 上位狙いは咲夜さんに任せ、私達は現状維持で行きましょう」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130080602p:plain 咲夜
「私が1票アップ……ってことは7票!
 7票は私だけのものよっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「小悪魔も余計な事すんなっ!
 《票数移動は無効》だ無効! そんなもん許されるか!!」
TIP
《票数移動は無効》
投票の意味が無くなるので鈴仙、小悪魔の票移動は無効。
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031313p:plain 鈴仙
「ええっ! 師匠と姫は0票のままですか!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「当たり前だ! 0票は0票だよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065026p:plain 咲夜
「私は6票のまま!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「それで十分だろ! 下にいる奴らのことを考えろ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071041p:plain ルーミア
「例外は認められないのかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「例外なんて無いよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064559p:plain ルーミア
「あ゙ぁ゙?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065051p:plain レミリア
「いや、無いですよ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071045p:plain ルーミア
「そーなのかー。ウサ耳。上司共が最下位で、
 ウサギの票数が更に落ちても強く生きるのかー……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031309p:plain 鈴仙
「はい! お気遣いありがとうございます、師匠っ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081355p:plain レミリア
「だからその人はお前の師匠じゃないってば」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031306p:plain 鈴仙
「以上! (別枠)集計結果でした!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064553p:plain ルーミア
「とっとと本筋に戻るのか~」
   
戻る。
3-8(第3回・集計結果〔Q4:集計〕に戻る)
広告を非表示にする