読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA 第4話

並行幻想郷EXTRA

夏という時間を無駄にしない為に行う事……それは

f:id:kasuga_gensokyo:20140415181924p:plain  
人里
 
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「………………EXやりますか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071235p:plain 美鈴
「えっ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051438p:plain フラン
「またEXやるの、小悪魔?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073816p:plain 小悪魔
「じゃあ、やめときますか」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051448p:plain フラン
「言っておいてやめるの!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071232p:plain 美鈴
「えー……えっと……やるとしたら主役は誰になるんでしょうか」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「未定です」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071236p:plain 美鈴
「に……人数の方は……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「決めてません」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071236p:plain 美鈴
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051447p:plain フラン
「主役は私達じゃないんだよね?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073816p:plain 小悪魔
「第1回と被ってしまいますから、違いますね」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051438p:plain フラン
「じゃあ何でEXをやろうと思ったの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073824p:plain 小悪魔
「夏は暑いので、まず何も出来ない。
 となると秋になるまでポッカリとした空白ができる。
 夏が終わるまで、ただ放置するのは時間の無駄……
 この期間を何かに活用できないものか、と」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051435p:plain フラン
「それでEX?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073825p:plain 小悪魔
「第1回みたいに今夏を募集期間として、届いた手紙を
 秋から冬にかけて読んでいくのもいいんじゃないかと」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064714p:plain 美鈴
「でも今回の主役が誰1人として決まってないのは……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「パーソナリティーは現在未定です……が、今言える事が2つあります」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051436p:plain フラン
「なになに?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073816p:plain 小悪魔
「1つ目は……この写真の人達を今回の登場希望候補から除外します」
  f:id:kasuga_gensokyo:20150130064731p:plain f:id:kasuga_gensokyo:20150130065041p:plain f:id:kasuga_gensokyo:20150131051435p:plain f:id:kasuga_gensokyo:20140227104026p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051453p:plain フラン
「!!? 小悪魔……その中に私の写真が入ってるんだけど……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073818p:plain 小悪魔
「妹様……大変申し訳ありませんが、今回はご自重願います」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071239p:plain 美鈴
「どうしてなんですか、小悪魔さん! 妹様を……妹様を外すなんて!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「……この並行幻想郷へ未だに姿を現してない人はたくさんいます。
 いない人に対しての参加希望はできません。
 であれば既存の人達のみを対象に票を入れることになります」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073830p:plain 小悪魔
「既存の人で票が集中しそうな方は
 パチュリー様、お嬢様、上海さん……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073814p:plain 小悪魔
「そして妹様。あなたです」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051444p:plain フラン
「…………そっか。なるほどね! 納得したよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071235p:plain 美鈴
「納得しちゃうんですか!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073827p:plain 小悪魔
「美鈴さん、私としても登場希望から妹様を外したくはありません。
 ですが票が集中しそうな方を投票枠に入れれば
 上位の結果は目に見えてます。
 美鈴さんはそんなEXもどきが見たいんですか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071245p:plain 美鈴
「それは……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051435p:plain フラン
「登場希望に複数投票できるようになったのは《前回が初めて》だけど
 前回の私はパチェと同票1位だったもんね」
TIP
《前回が初めて》
第2回までは呼び出し済みのキャラから
1人だけしか選んで投票できなかった。
第2回は紫の魔女の人だけ項目から除外していたが
レミリアと上海はそのままにしていた為、この2人に票が集中した。
(とはいってもあの時は上海の一人勝ちだが)

ちなみに第2回でのフランの獲得票はわずか1票。レミリアは2票。
出番の多い姉と出番の少ない妹が、共に候補へ入っていた場合
ツッコミ上手の姉に僅かながら軍配が上がるようだ。
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073816p:plain 小悪魔
「はい。パチュリー様と一緒でしたね。
 私は《上位枠を外した上での》《最終結果》が知りたいのです。
 ゆえに外しました」
TIP
《上位枠を外した上での》
どちらかというと公式EXで行った上での結果を見てみたい。
だが連中は決して、そういう冒険的行動はしない。するわけがない。
TIP
《最終結果》
連中主催の公式EXだとゲスト希望票の集計結果は
上位以外のキャラ票は伏せる傾向にあるので
本編製作に深く関わる奴らにしか、その詳細はわからない。

仮に今現在に至るまでの全キャラが揃った状態の
EXもどきで行ったとしても、明確な答えは得られないだろう……
f:id:kasuga_gensokyo:20150130064711p:plain 美鈴
「……わかりました。妹様がいなくても結果を受け入れます」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073749p:plain 小悪魔
「ご理解頂き、感謝します」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051453p:plain フラン
「それはそうと、確か前回のゲストって集計結果を何の捻りもなく通すと
 私とパチェとお姉さまが参加する事になっちゃってたんだよね」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073830p:plain 小悪魔
「ええ。前回は危うく紅魔館メンバーに固定されかけました。
 ……図らずも奴が5票獲得していたので、それは免れましたけど」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071248p:plain 美鈴
「彼女がそれなりの票を得ていなければ、
 最悪お嬢様を呼び出さざるを得ませんでしたからね……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051438p:plain フラン
「う、うん……そうだね。でもいいの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073814p:plain 小悪魔
「何がです?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051454p:plain フラン
「私を含めた4人を投票候補から消すと……その……
 妹紅の参戦確率がアップするかもしれないけど……
 2人はそれでいいの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073821p:plain 小悪魔
「……どのような結果になろうと構いません。
 奴が出たとしても、私は出ないと思いますし」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071240p:plain 美鈴
「私も小悪魔さんと同じ意見です」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051452p:plain フラン
「そう…………わかったよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「あと2つ目。
 今回は『botとしての登場を期待しているキャラ』の項目はありません」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051438p:plain フラン
「えぇっ!? その項目、消しちゃったの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073822p:plain 小悪魔
「誰を呼び出そうと何の変化も見られないのであれば募るだけ無駄です。
 なので今回はこの項目を、あえて消去した上で行います」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071236p:plain 美鈴
「この項目が無いだけで回答者が減りそうな気がしますが……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073824p:plain 小悪魔
「別にいいですよ。
 回答者が減れば今回、読む人達の負担も軽くなりますし。
 回答者0人という最低最悪の結果で無ければ、
 私としては何も問題ありません」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051453p:plain フラン
「もし0人だったら……?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073816p:plain 小悪魔
「しばらくは上の空ですかねぇ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071236p:plain 美鈴
「……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051454p:plain フラン
「……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「…………今回行う『並行幻想郷EXTRA』は非公式です。
 EXもどきなのでカスガソフトとは何の関係もありません」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051453p:plain フラン
「あっ、説明が始まった!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071233p:plain 美鈴
「えぇっと、アンケートはどこで募集を?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073816p:plain 小悪魔
「期間中にのみ回答、送信できるアンケートフォームで募集します。
 説明書のサイドバー、botの定期つぶやきに加え
 このページの下部に募集期間終了までリンクを張ってるので
 それらからアクセスすればOKです」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051435p:plain フラン
「参加条件と注意点を教えて!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073816p:plain 小悪魔
「参加条件は特にありません。
 フォロワーかどうかは無関係ですので、
 回答したい方はお気軽にどうぞ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「ただし最後の項目への回答が『いいですよ!』でも
 《以下の内容が含まれている場合》
 雑に扱われるか、最悪取り上げられない可能性があります」
  ●答えられない話題の内容
●当方では無理難題と判断された内容
●私達から見て不快な感じの内容(イタズラ含む)
●度を越えた下ネタが混じった内容
●これといった内容が無い
TIP
《以下の内容が含まれている場合》
これらに加えて、以前までのEXもどきで取り上げた話題と、
語ってほしい話題が似ていたり、被っていた場合も答える事とします。
ただし話題によっては雑になる確率が高くなるので悪しからず。
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071232p:plain 美鈴
「締め切りはいつなんでしょうか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073825p:plain 小悪魔
2015年9月6日で募集を締め切ります。
 それまでによろしくおねがいします」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051444p:plain フラン
「説明お疲れ~」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073749p:plain 小悪魔
「ありがとうございます」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071236p:plain 美鈴
「メインパーソナリティの方はどうしましょう」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073818p:plain 小悪魔
「ゲストに選ばれた3名は登場確定ですが、メインは……うーん」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051435p:plain フラン
「そっちの登場人数も決めておこうよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「じゃあ3名(仮)にしておきます」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051448p:plain フラン
「曖昧だね」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073814p:plain 小悪魔
「では0名で」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051453p:plain フラン
「ゲストだけでやるの!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073816p:plain 小悪魔
「それもありと言えばありですが……
 秋までにどうするか、私なりに考えておきます」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130071237p:plain 美鈴
「今回はどのようなEXもどきが繰り広げられるんでしょう?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051437p:plain フラン
「誰が出てもいつものEXもどきになれるよ。きっと」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130073815p:plain 小悪魔
「0から1になれるかどうかが企画の運命を左右します。
 今回も1以上になる事を期待しておきましょう」
   
 
 
f:id:kasuga_gensokyo:20150131051444p:plain フラン
「参加、待ってるよ! 私は出ないけど!」
   
続く。
4-1
広告を非表示にする