忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA 6-3

アンケートコーナー:2

f:id:kasuga_gensokyo:20140415181922p:plain  
紅魔館・入口
 
f:id:kasuga_gensokyo:20150524082016p:plain
「正気に戻りました」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031345p:plain 永琳
「これでよし。次、2通目。貴方が読みなさい」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110543p:plain リリーホワイト
「私でいいんですかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031336p:plain 永琳
「いいわよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110526p:plain リリーホワイト
「わかりましたー!
 2通目、ハンドルネームいつもタイプミスする人と書いて
 targetgrayさんからですよー! フォロワーです!」
2通目
HN:targetgray 読み仮名:いつもタイプミスする人
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065041p:plain レミリア
「うん。知ってる」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110525p:plain リリーホワイト
「お久しぶりですよー! 今回も回答ありがとうですよー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065041p:plain レミリア
「お前、《あの時は一言も喋ってなかった》けどな」
TIP
《あの時は一言も喋ってなかった》
第3回・並行幻想郷EXTRA(3-3)のこと。
2通目で読んでいたが、あの場面はプリズムリバー中心だったので
リリーは一言も喋っていない。
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110556p:plain リリーホワイト
「そっ……そういうレミリアさんは『ふうじんろくEXTRA』で
 targetgrayさんのアンケートが読まれた時、
 その場にいなかったじゃないですかー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「あれは話の都合上、仕方なくだよっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110544p:plain リリーホワイト
「私もそれと似た感じでしたよー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「そうなの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909105658p:plain リリーホワイト
「はい」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909105701p:plain
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065051p:plain
リリーホワイトレミリア
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031338p:plain 永琳
「採用おめでとう。
 ではこの人が本編でアンケートを読まれた場面を
 振り返ってみましょう」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104007p:plain レティ
「一番早かったわ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132221p:plain てゐ
「私達が知ってる人の中で読まれたのがな。
 11通目はあの作品全体から見れば、すげぇ早い方ウサ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104014p:plain
「妙な事を書いていたせいで御柱の神様に怒られてたような……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524082016p:plain
「たしか神奈子様は読み仮名をちゃんと書きましょうって言っていたわ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132221p:plain てゐ
「正しく書かないとぶっ飛ばすともな。その内容は確か~……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228054549p:plain 永琳
「『レミリアノキャラソンガデマスヨウニ』。
 貴方、キャラソンデビューしちゃうの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065051p:plain レミリア
「しないよっ! 何で私が歌わなきゃいけないんだ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120854p:plain レティ
「ただ歌うのが嫌だっていうなら
 複数人で行う勝負事に負けて脱落したら、
 エンディングで歌ってみるとかは?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「意味がわからねぇよ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain
レミリアさんって歌いながら攻撃する事で
 フォルムチェンジしないんですか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065051p:plain レミリア
「するわけないだろ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132230p:plain てゐ
レミリア・スカーレット、歌ってみたデビュー…………ププッ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「しないっつってんだろ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031336p:plain 永琳
「貴方のお友達は昔、歌ってたじゃないの。
 むーきゅむーきゅむきゅって」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「あれは替え歌っ!!
 ていうか今更すぎるけど、あれ大丈夫なのか?
 《替え歌だから問題ないのか?》 なぁ?」
TIP
《替え歌だから問題ないのか?》
あの歌い方は、どう聞いてもポニョです。
本当にありがとうございました。

■以下、その替え歌■
むーきゅむーきゅむきゅひ弱な子
あごを出して やーってきた
むーきゅむーきゅむきゅ立つだけでっ
骨が 折れちゃう 女の子っ
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031334p:plain 永琳
「誰に聞いてるのよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「知らん! そもそも歌える奴は他にいるだろ」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110543p:plain リリーホワイト
「誰がですかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「お前だよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110546p:plain リリーホワイト
「えっ、ええ~!? 私がですか~!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「お前、あいつんところの作品で…………
 何か歌ってただろ! 何か!」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110557p:plain リリーホワイト
「う、歌ってないです! 歌ってるのは別の人ですよー!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「別の人って……やっぱり歌ってるじゃねぇか!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227103958p:plain レティ
「それって何の話よ?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081401p:plain レミリア
「こいつの中の奴が、あいつの作品で歌ってるっていう話」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120854p:plain レティ
「中の人はまぁわかるけど、あいつって?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081352p:plain レミリア
「音監」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120855p:plain レティ
「あー、なるほどね。理解したわ」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110548p:plain リリーホワイト
「私は歌わないですっ! 歌わないですよー!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524082034p:plain
「リリーちゃん以外で歌える子って私達の中にいるのかしら」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228054546p:plain 永琳
「そういう貴方と私は……
 歌えなくはないだろうけど、《ソロだったら無理でしょうね》
TIP
《ソロだったら無理でしょうね》
よくは調べてないので断定はできない。
ソロで歌っているものがあるのならば、是非とも聞いてみたいが。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104014p:plain
「橙は無理です。多分無理です」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132224p:plain てゐ
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031336p:plain 永琳
「てゐはキャラソン大丈夫な子だったわよね。よし!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132236p:plain てゐ
「よし! じゃねぇ! 私は歌わねぇウサ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228054547p:plain 永琳
「まーいおりーるー、あなたのーもとへといま」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132241p:plain てゐ
「やめろぉ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031336p:plain 永琳
「ググって適当に見た動画だったけど、中々可愛い歌だったわよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132240p:plain てゐ
「懐かしのキャラソンをいきなり歌うんじゃねぇウサ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain
「てゐちゃん……昔はいにしえのうたを覚えてたんだね!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132236p:plain てゐ
「古って言えるほど大昔の歌じゃねぇから。十何年も前の歌だし」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228054547p:plain 永琳
「やーわらかーなー、ほら風のなーかーにーーー……裸の」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132242p:plain てゐ
「殺すぞ……!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031333p:plain 永琳
「可愛かったのに……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132233p:plain てゐ
「…………………………ぉぅ
f:id:kasuga_gensokyo:20150524084051p:plain
「裸の……裸の何っ!?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132239p:plain てゐ
「そこに食いつかなくていいウサ!
 あー! 確かそこのデカいお前も歌える奴だったはずウサ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104009p:plain レティ
「デカくないわよ! 《歌わないわよ!!》
TIP
《歌わないわよ!!》
永琳
「まーいにーち、まーっくら、ぼくらーもg」
レティ
「歌うな!」
永琳
「あの歌……途中からちょっと苦しそうだったけど大丈夫?」
レティ
「余計なお世話よっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain
「レティさんもいにしえのうたを?! 歌って!
 歌ってフォルムチェンジしてください!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104008p:plain レティ
「歌わないから! それにフォルムチェンジが実装されてるのは
 私じゃなくて白玉楼の主さんの方だからっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132243p:plain てゐ
「はぁ…………もうお前が覚悟決めて歌えウサ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「どうしてそうなるんだよ!
 《私たちの幻想郷に歌は必要ねぇ》!!」
TIP
《私たちの幻想郷に歌は必要ねぇ》
パの字が『出ない』って断言してたし、無いだろう。

歌と言えばミスティアも作中では全く歌ってないな……
……ミスティア自身は歌えるかって? 彼女も無理。多分無理。
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110549p:plain リリーホワイト
「そうですよー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081352p:plain レミリア
「というか、何でお前はあっちで歌ってるんだよ?」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110556p:plain リリーホワイト
「理由とかだったら私にはわからないですよー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081353p:plain レミリア
「……それもそうか。軽々しく聞いてすまん」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain
「キャラソンの部分だけで、結構尺がとれましたね!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524084102p:plain
「他はキャラ感想で、読まれてたのが
 早苗ちゃんと文ちゃんだけだったものね……
 私や他の皆には、どんな感想を書いてたのかしら……?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081401p:plain レミリア
「読まれなかったところは本人と連中のみぞ知る。
 そいつらの口から語られないなら私達には知る由もないさ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031336p:plain 永琳
「振り返りはこれくらいにしましょう。
 じゃあアンケートを読んでいってちょうだい」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909105658p:plain リリーホワイト
「わかりました!
 targetgrayさんからのメッセージは、ただ一言!
 『本編のショートコント化動画に対する題材が欲しいです』!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524082016p:plain
「ショートコント化動画って?」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110526p:plain リリーホワイト
「知ってますよー! 確か本編の場面を抜粋して、
 ショートコント動画っぽく作る動画の事ですよー! ……ね?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524084024p:plain
「この人はそんな動画を作ってアップしてるの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909105658p:plain リリーホワイト
「そうです! Youtubeにもニコニコ動画にもありますよー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081326p:plain レミリア
「音MADも何点かあるよな。
 音MADは私にはよくわからんが
 ショートコント化動画は本家にも匹敵する出来栄えだと思ったよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524082034p:plain
「凄い人なのね」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110525p:plain リリーホワイト
「凄いのです! それでtargetgrayさんは、
 そんな動画の題材が欲しいという事ですがー……何かありますかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031334p:plain 永琳
「ショートコントだから最後はオチ付けて、
 セピアでチンしなきゃいけないのよねぇ。
 それが出来る一連の場面ってあった?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132234p:plain てゐ
「どれもすっげぇ長いから
 言われてからパッと思い浮かぶようなものじゃないウサ…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081356p:plain レミリア
「全盛期の小悪魔たちも
 徹頭徹尾、台詞を記録してたわけじゃないしな。
 《『ぶんかちょう』は例外中の例外》だけど」
TIP
《『ぶんかちょう』は例外中の例外》
終始見聞きしながら全てを記すという作業は、
とてつもなくキツかった……もうやりたくはない。
否……もうする気は起きない。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120902p:plain
「では、その『ぶんかちょう』から
 コントに出来る場面を探すというのは?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「『ぶんかちょう』から? そうだなぁ……
 あっ。私と咲夜の聞き間違いコントはどうだ?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132221p:plain てゐ
「じゃあそれで」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065051p:plain レミリア
「即決かい! アレだぞ! 咲夜が真薯揚げと言ったのを、
 私が新庄揚げと聞き間違えるアレだぞ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain
「火の元を日の本と聞き間違えるコントもあるみたいですね。
 この2つでいきましょう!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081352p:plain レミリア
「まぁするかどうかはtargetgray君次第だけどな」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110527p:plain リリーホワイト
《これじゃなくてもいい》ので、ショートコント化動画!
 新作を楽しみに待ってますよー!」
TIP
《これじゃなくてもいい》
これ以外の題材は特に思い浮かばず……申し訳ない。

自身の好きなキャラに注目し、その子が出ている作品で
コント化動画に使える場面を探してみるのもありだと思う。
色んな作品を買い揃えてるようだし。

例えば幽々子なら妖夢や紫などと喋ってるシーンで
コントに使えるものもあったりする………………のかも?
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「これって言うな!」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110525p:plain リリーホワイト
「語って欲しい話題、いきますよー!
 『選択肢(個人的に風の「逃げる」「逃げない」の正解が
  未だに曖昧であります)』

 確かに《どちらが正解なのか紛らわしい選択肢》もありますよね!」
TIP
《どちらが正解なのか紛らわしい選択肢》
『すいむそう』だったら「あっち」or「そっち」とか。

(この選択肢は選んだ時点でバッドエンドかどうかが
 わかりやすいので、選択肢だけが紛らわしいパターンと言える。
 探せば選択肢・内容の両方が判断に困るものもあるかもしれない)
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081407p:plain レミリア
「選択肢……たまに表示されないで、
 どっちか片方のルートに直行しちゃうよな」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031335p:plain 永琳
「バグか仕様かはわからないけど、あれってどうにかならないのかしら」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104010p:plain
「公式に要望を出したり、質問したりはしたんですか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081353p:plain レミリア
「そういやどっちもしたことねぇな……今度奴らに聞いてみるよ」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110544p:plain リリーホワイト
「『風の「逃げる」「逃げない」』って何でしょうー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524082016p:plain
「『ふうじんろく』2ステージの
 BAD END No.09『護身完成』への分岐に使われた選択肢ね。
 どういうネタだったかしら?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120906p:plain
「作品全体の台詞集には、
 その辺りの台詞は詳しく記録されてないようです……
 ただ『逃げない』の後の雛さんの台詞だけは書かれています」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524084057p:plain
「なになに……から揚げにレモン……!?
 ダメよっ! 皆で分け合って食べるから揚げにそんな事しちゃ!
 かけるなら自分が食べる分にだけ!
 皆に強要しちゃダメなんだからっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104009p:plain レティ
「塩胡椒かけて食べたいのに、勝手な事するんじゃないわよっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031347p:plain 永琳
「勝手にかけた奴は……死よ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132221p:plain てゐ
「から揚げ全体にレモンかけるのって
 他の奴に食わせない為のマーキングみたいなもんじゃねぇの?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「そんなに沢山食べたいなら自分で注文して
 1人寂しくレモンかけて食ってろカス!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104014p:plain
「多分……多分ですけど、
 から揚げと選択肢からのバッドエンドは何も関係ないと思います」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110556p:plain リリーホワイト
「私もそう思いますよー……」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132225p:plain てゐ
「リリーに同じウサ」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110547p:plain リリーホワイト
「これ以上は、から揚げ談議になりそうなので……
 橙さんとてゐさんでタイトルコールいきますかー?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain
「やっておきましょう」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132221p:plain てゐ
「やっとくウサ。そしてさっさと次へ行くウサ」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110525p:plain リリーホワイト
「では、お願いしますよー!」
  …………
  f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain f:id:kasuga_gensokyo:20140227132230p:plain
橙・てゐ
「忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA!!」
   
続く。
6-4(アンケートコーナー:3)