忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA 6-5

アンケートコーナー:4

f:id:kasuga_gensokyo:20140415181922p:plain  
紅魔館・入口
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031333p:plain 永琳
「次は4通目………………これって本名?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065051p:plain レミリア
「どうも本名っぽいな……一部分だけ入れるならともかく、
 《本名だけ》は扱いに困るからやめろ!」
TIP
《本名だけ》
そういうチャレンジ精神は本編EXでやればいいかと……

ただ本名ネタは飽きられてる感じがするので、
やったとしても思ったような反応は得られない可能性がある。
(確実に取り上げられて読まれるわけでもないだろうし)

HNを本名と思しき名前で送ってきた場合、
名字か名前のどちらかでしか読まないし呼ばない。
またポイントリストでの表記も、このルールに準ずる。
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031345p:plain 永琳
「じゃあ…………現永遠亭の女将さん。貴方にこの手紙を任せるわ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104009p:plain レティ
「誰が女将よ! そんなに貫禄ないわよっ!
 ……えぇっと。珍しい名字ねぇ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120853p:plain レティ
「でもそんな名字はスルーして4通目
 ハンドルネーム孝介さんからよ!」
4通目
HN:孝介 読み仮名:こうすけ
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104010p:plain
「レティさんみたいな名字なんですけどね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104007p:plain レティ
「私の略称とは一字違う!
 この人、フォロワーらしいんだけどいる?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120906p:plain
「………………いないみたいです」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104009p:plain レティ
「いないの!? さてはコイツ…………嘘つきねっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081352p:plain レミリア
「嘘つきかもしれんし、本当かもしれん。
 メッセージに補足とか書いてるか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104008p:plain レティ
「そんなのは~……どこにも書いてないわ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「まぁ『こんな名前ですが、私は〇〇です』なんて書くわけねぇわな……
 いるかどうかもわからない曖昧なお前には
 《虚偽申告罪》を適用! マイナス1ポイントだっ!」
TIP
《虚偽申告罪》
並行幻想郷EXTRAで定められている罪状の一種。

■当botのフォロワーですか?■
■貴方は本編EXTRAのアンケートに
 感想を送ったことがありますか?■
これらの質問の回答を偽った場合、適用される。
別名義の参加であっても問答無用。

この罪により罰せられた場合、1~2ポイント差し引かれる。
どっちの質問に嘘をついたかで引かれるポイントが変動する。
フォロワーの問いによる嘘だとマイナス1ポイント
本編EXTRAの問いによる嘘だとマイナス2ポイントだ。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104007p:plain レティ
「メッセージを読むわ! ただ一言!
 『焼肉が食べたいです。』 私も焼肉、食べたいわ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065041p:plain レミリア
「私も牛タンとか食べたい」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031337p:plain 永琳
「今度皆で食べに行く?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524082037p:plain
「私は店で食べるよりも家焼肉の方がいいな~……なんて」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132222p:plain てゐ
「うるせぇ店に行くくらいなら家焼肉の方がマシウサ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104010p:plain
「橙はどちらでも構いませんが、出来れば家焼肉でお願いします」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909105658p:plain リリーホワイト
「家焼肉が一番ですよー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031333p:plain 永琳
「家焼肉派が4人……大勢は決したようね」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081355p:plain レミリア
「ノリ悪いなぁ、お前ら」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104007p:plain レティ
「私は焼肉が食べれるなら、店でも家でもどっちでも構わないわ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031333p:plain 永琳
「……どうする?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「なら今度牛肉とか色々買ってきて家焼肉な。
 食費は全部お前持ちで」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031334p:plain 永琳
「酷い話ねぇ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524084100p:plain
「八意院長。後片付けは私がやりますから」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain
「橙も微力ながらお手伝いします!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132234p:plain てゐ
「タダ飯食らって何もしないじゃ姫もどきと一緒だから
 その時は私も何かやってやるウサ」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110546p:plain リリーホワイト
「私も出来る範囲でやりますよー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104008p:plain レティ
「じゃ! じゃあ私も手伝う! 《火に近付いてするやつ以外で》!」
TIP
《火に近付いてするやつ以外で》

「火に近付けないとなるとレティさんは
 焼きながら食べるものはダメなんじゃ……?」
レティ
「それはそれっ! これはこれよっ!」
リリーホワイト
心頭滅却すれば火もまた涼しですよー!」
てゐ
「ただのやせ我慢だろ」
レティ
「太ってないわよ! 当たり判定が大きいだけよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031338p:plain 永琳
「みんな……! いい子達ね。
 姫も、このくらい気遣いの出来る子だったら良かったのに…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065044p:plain レミリア
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031336p:plain 永琳
「…………」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「……わかったよ! ある程度の金なら出してやる!
 足りない分と他の事はお前らで何とかしろよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031338p:plain 永琳
「ありがとう。貴方も十分いい子よ。
 ちびっこギャング…………いえ。レミリア
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081355p:plain レミリア
「やっ、焼肉が食べたいだけなんだからな! 勘違いするな!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031336p:plain 永琳
「素直じゃないわね。姫の代わりに、うちの子になってみる?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「ならねーよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104007p:plain レティ
「家焼肉する日が今から楽しみだわ!
 語って欲しい話題は『白米には何が合うか』よ。
 そりゃあ焼肉でしょ! 辛子明太子でも可!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065050p:plain レミリア
「焼肉だな。納豆もいいぞ。むしろ納豆も食え!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain
「焼肉ですね。ごはんですよもいいですよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132230p:plain てゐ
「焼肉ウサ。それ以外なら適当なふりかけと一緒でもいけるウサ」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524082018p:plain
「焼肉よ。でも白米が食べられる環境なら、
 それ以上の贅沢はないと私は思ってるわ」
f:id:kasuga_gensokyo:20160909110525p:plain リリーホワイト
「焼肉ですよー!
 ご飯にごま塩を少しまぶしたものでもOKですよー!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031333p:plain 永琳
「焼肉で決まりね。でも沢庵との組み合わせも捨てがたいわね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104007p:plain レティ
「以上っ! 次へ行っていいわよ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031345p:plain 永琳
「じゃあ続けて5通目
 …………これは橙が読みなさい」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104019p:plain
「はいっ! 5通目! ハンドルネームjabicoさんから!
 フォロワーのようです!」
5通目
HN:jabico 読み仮名:じゃびこ
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132237p:plain てゐ
「……これか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081352p:plain レミリア
「それで合ってるんじゃね?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132236p:plain てゐ
「じゃあこれで。多分いるウサ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120906p:plain
「多分ですか……えー、アンケート内容は……
 内容は~……………………」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081351p:plain レミリア
「どうした? 特に書いてないとかか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104015p:plain
「はい……入力項目が無記入多数…………です」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081403p:plain レミリア
「マジかよ……そんな回答だと《内容拾えねぇ》ぞ」
TIP
《内容拾えねぇ》
EXもどきは自由項目の部分を拾って読むのがメイン。
ゆえに書かれてない部分が多いと、拾えないので
いつも以上に雑になるし、尺も短くなるぞ。
f:id:kasuga_gensokyo:20140227120902p:plain
「一箇所だけは書いてくれてますね。
 Q7の『その他』で風神録exに投稿』との事です」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031333p:plain 永琳
「でもこの人、Q10だと
 『× 私は送ってません!』って選択してるみたいだけど?」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130065052p:plain レミリア
「お前……どっちなんだよ!! ……つーか、こんな名前の奴いたか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227132233p:plain てゐ
「これと同じ名前は『ふうじんろくEXTRA』の回答には存在しねぇ。
 強いて言うなら134通目のヤツがコイツっぽいけど、
 断定は出来ねぇウサ……」
f:id:kasuga_gensokyo:20150524084054p:plain
「抜粋感想か数行感想なのかもわからないけど、
 にとりの声が合ってたとかストーリーが短いって書いてたみたいね。
 でもこっちの選択項目じゃにとりが選択されてるわけでもないし
 《好きというよりは》合ってるかどうかってだけの
 感想だったのかしら……」
TIP
《好きというよりは》
『ふうじんろく』系列のキャラには
好きかどうかのチェックは一切入っていなかった。

……なので134通目の奴とは赤の他人の可能性もあるし
雛の台詞通り、声が合ってるかどうかだけの話で
自身の好きなキャラとは無関係なのかもしれない。
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031347p:plain 永琳
「書ける項目は用意してあるんだから曖昧にせず、
 書くとこにきちんと書きなさいっ! マイナス1ポイント!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104014p:plain
「今度は何のペナルティですか?」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031345p:plain 永琳
「軽めの虚偽申告罪よ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104010p:plain
「ちょっと優しめなんですね」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031345p:plain 永琳
「また回答する機会があったら
 今回分の疑問をスッキリ解決する内容で送りなさい!
 いいわねっ!」
f:id:kasuga_gensokyo:20150130081401p:plain レミリア
「この手のヤツは1回きりの回答がほとんどだから
 これらの疑問は永遠に解決しないと思うぞ」
f:id:kasuga_gensokyo:20140228031347p:plain 永琳
「…………じゃあマイナス2ポイントッ!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104023p:plain
「急にペナルティが重くなった!?」
  …………
  f:id:kasuga_gensokyo:20140228031345p:plain
永琳
「忙しくない人のための並行幻想郷EXTRA!!」
f:id:kasuga_gensokyo:20140227104022p:plain
「いきなりタイトルコールで終わらせた!?」
   
続く。
6-6(アンケートコーナー:5)