読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

場所一覧

説明資料集関連

忙しい人のための幻想郷シリーズに登場する場所をまとめてみた。
(登場作品は覚えてる範囲で記載)

画像
備考
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181903p:plain
大空
登場作品:紅・妖・文・花無・花有
備考
『こうまきょう』で一番最初に目にする背景。綺麗な青空。

当時から今に至るまで、この場所には公式名称がない。
説明資料集で表記の際には「大空」という仮称を使用。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181904p:plain
博麗神社 境内
登場作品:紅・紅EX・妖・妖EX・文・萃・永前・永
      花無・花有・風
備考
その名の通り、博麗神社の境内。
霊夢を中心に話が展開していくので、使用作品数も当然多い。
そして『落ち葉掃除(BGM)』の使用頻度も高くなる。

この一覧を作るまで「場所としては唯一の皆勤か?」と思っていたが、
『えいやしょうEXTRA』と『かえいづかEXTRA』では
場面転換の都合などで登場していなかった。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181905p:plain
紅魔館 廊下
登場作品:紅・紅EX・妖EX・文・萃・花無・花有・風
備考
紅魔館の廊下。出番はあまり無い。
『こうまきょう』の後半で割と見る程度か。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181906p:plain
紅魔館 客室
登場作品:紅・紅EX・妖・妖EX・文・萃・花無・花有・風
備考
客室……とは言うが、紅魔館内の部屋は全てこの作りになっている。
館内には部屋が数多く作られているようで、
来客用だけでなく、メイド妖精達の部屋も存在する。
部屋から部屋への移動も可能だ。廊下はいらない子
なお美鈴には、この部屋が与えられていない。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181907p:plain
大図書館
登場作品:紅・紅EX・妖EX・文・萃・永・花無・花有・風
備考
パチュリーの部屋 兼 小悪魔の職場(の一つ) 兼 収録スタジオ。
司書(自称)の小悪魔はいない事の方が多い。
ショートコントでは色んな番組の収録に使われている。
本編をプレイせず、コント系動画だけしか見てない者には、
大図書館=収録スタジオと誤認されているかもしれない。本編もやれよ?
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181908p:plain
紅魔館 入口
登場作品:紅・紅EX
備考
美鈴がよく姿を現す場所。紅魔館に置ける美鈴の定住地。
(背景内には存在しないが)休憩小屋や菜園がある。
休憩小屋は美鈴が寝泊りする場でもあるらしく、
これが何らかの理由で壊れたりすると美鈴は取り乱し、
屋根のない場所での野宿が確定してしまう。
菜園はよく外部の者に食い荒らされる。荒らされると美鈴は泣く。

……数々の酷い仕打ちを受けながらも、美鈴は今日も生きる。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181909p:plain
魔法の森
登場作品:紅・紅EX・妖・文・萃・永・永EX・花無・花有
備考
森の中は木漏れ日が差し込んでおり、明るい。
変質者や春告精の御大将、ゆっくりが出現する場所としても有名。
魔理沙の家は、この森のどこかに存在するようだが、
実際に行く描写がないので、真偽は不明。
魔理沙本人曰く「あるよ!」との事だが…………?
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181910p:plain
マーガトロイド邸
登場作品:紅・紅EX・妖・萃・永・永EX・花無・花有
備考
魔法の森の巨悪、アリス・マーガトロイドのアジトの入口。
扉を開けたら最後、家主のアリスに拘束されるぞ!
(ただし魔理沙に似ていない者は解放される場合有り)
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181911p:plain
アリスの部屋
登場作品:紅・紅EX・妖・妖EX・萃・永・花無・花有・花EX
備考
扉を開けると、そこは乙女(?)の部屋でした。
部屋の壁には撮られた本人すら知らない魔理沙写真。
机の引き出しやベッドの下などには奇妙なブツの数々……
……うん。どこからどう見ても、
己の欲望をだし可憐(???)に生きる乙女(?)の部屋だ。

時期によっては喫茶店や出店、居酒屋などをやっている事もある。
怖いもの知らずの御仁は、是非お立ち寄りを。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181912p:plain
霧の湖
登場作品:紅・紅EX・妖・文・永・花無・花有・風
備考
どこかのパの字のせいで年中、霧がかかってない湖。
ここを訪れた者は大体「寒い」と言っている。
これでもかと寒さが強調される場所だ。
ただ近年の作品では出番が減りつつある。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181913p:plain
大爆発
登場作品:紅・紅EX・妖・妖EX・萃・永・花無・花有・花EX・風
備考
今日も幻想郷のどこかが大爆発ッ!!!
爆発時に発生する爆煙は『マスパ雲』と呼ばれ親しまれているぞ。

爆発の原因は主に紫の魔女の人の自爆スイッチ起動。
他には魔理沙のマスタースパーク、フランのレーヴァテイン等々。
ほとんどのBADENDに爆破オチが多い事もあり、使用頻度は高い。
(ただしこれも皆勤では無い)

当時から今に至るまで、この場所(というか場面)には公式名称がない。
説明資料集で表記の際には「大爆発」という仮称を使用。
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181914p:plain
紅魔館 跡地
登場作品:妖・花無・花有
備考
大爆発で崩れ去った紅魔館。
紅い館が影と形を無くす時、地下深くから妹が現れるっ!
『こうまきょうEXTRA』ではタイトル背景に使われているが
物語の一場面としては未使用。「跡地のテーマ」って何だよ。

『ようようむ』では少し登場させて、それっきり……かと思いきや
『かえいづか(無声版・有声版)』でまさかの再登場。
更に館の跡地は複数あるという驚愕の事実が判明した。
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181915p:plain
博麗神社 居間
登場作品:妖・文・萃・永・花無・花有・花EX・風
備考
霊夢や居候達が寝食を共にするスペース。
境内だけでは以降の話の展開に無理があったのか
『ようようむ』から追加された。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181916p:plain
博麗神社 裏庭
登場作品:妖・妖EX・永・花無・花有
備考
博麗神社の裏には農園がある。名は博麗農園。
元々この一帯は開墾予定地の看板だけ立てて放置されていたが
美鈴ら、紅魔館の4人が尽力した事で農園として運用可能になった。
この農園で作られた野菜は形が歪になる傾向にあるが
肝心の味については劇中では特に語られていない。大丈夫なのか?
…………まぁ、美鈴が作ってるなら大丈夫か。多分。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181917p:plain
白玉楼
登場作品:妖・妖EX・萃・永・花無・花有・花EX
備考
幽々子妖夢の住み家であり、八雲家の集会所。
廊下や別の部屋といったスペースは白玉楼には無い。
ついでに八雲家の家(マヨヒガ)も存在しない。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181918p:plain
白玉楼前 階段
登場作品:妖・妖EX・萃
備考
長く険しい階段。
白玉楼へ向かうには、この階段を登らなければならない。
段数はかなりのものらしい。飛べる者は飛びながら進むのが通例。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181919p:plain
白玉楼前 階段(中段)
登場作品:妖・萃
備考
長く険しい階段………………の途中。
常人がこれを登り切るには相当な体力を使う事になるだろう。
(その常人は普通ここには来ないけど)

場面としては下段部分で十分だからか、使用作品は極めて少ない。
紅魔館 廊下以上にいらない子なのかもしれない。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181920p:plain
西行妖
登場作品:妖・萃・永EX・花無・花有
備考
白玉楼には他の部屋や廊下は無いが、西行妖が聳え立つ庭はある。
根元には某メーカーの飲料品っぽいものを扱う自販機もあるが
劇中では触れてはならないものとして扱われている。もしかして:お~いお茶

理由は判明していないが、明らかにするつもりも無いのだろう。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181921p:plain
西行妖(Ver.2)
登場作品:妖EX
備考
霊夢魔理沙の死闘を物語る必要があった為か
近くの自販機は拉げている。『すいむそう』では元に戻っている為、
『ようようむEXTRA』終了後から
『すいむそう』までの間に直ったものと思われる。

自動的に修復されたのか? メーカーが直したのか?
それは誰にもわからない……
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181922p:plain
紅魔館 入口(Ver.2)
登場作品:文・萃・永・花無・花有・風
備考
『ようようむEXTRA』終了後、紅魔館と八雲家の友好を讃えて(?)
紫が贈った黄金の紫像が入口近くに設置された。
レミリアは劇中で拒否していたが、受け取らされた模様。
そして置く場所が無かった(というより館内に置きたくない)ので
仕方なく館の外に置いたのだろう。
(紫が勝手に置いていったとも考えられるが……)

背景のオブジェクトでありながら門番の美鈴より目立ちかねない
黄金の紫像の存在感は計り知れない。
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181923p:plain
永遠亭 居間
登場作品:永前・永・花無・花有・花EX・風
備考
永琳と愉快なウサギ達(+姫もどき)の住居。
永遠亭にはこれと同じ構成の部屋がいくつか存在する。
しかし廊下や庭は存在しない。

『えいやしょう前夜』では、この居間から全く移動せずに話が進む。
『えいやしょうEXTRA』ではアンケートコーナーから
ずーーーーーーっと、この場所で淡々と読んで行く。

クソみたいに長いだけでなく、場所移動をロクにしないところが
『えいやしょう』全体の悪評に繋がったのではないだろうか。
手紙を燃やす場面も悪評の一つ。 ここで言っても意味は無いだろうけど。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181924p:plain
人里
登場作品:永・永EX・花無・花有・風
備考
幻想郷という生き地獄の中で、人間達が割と安心して生活できる居住区。
子供の声は数人確認できるが、大人の声は確認されていない。
人々は妖怪に対抗しうる力を持たない為、
ひとたび妖怪が訪れると隠れたり、怯えたり、石を投げつけたり、
火縄銃を向けながら包囲したりと様々な反応を示すようだ。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181925p:plain
寺子屋
登場作品:永・永EX・花無・花有・風
備考
人里の学び舎。先生は慧音だが、たまに他の者がやったりする。
時間割には『妹紅』の文字が多数確認できる。
きっと妹紅への愛を語る教科なのだろう……
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181926p:plain
竹林
登場作品:永・永EX・風
備考
永遠亭へ向かう時、避けては通れないのがこの竹林。
何も考えずに入れば、たちまち迷子になってしまうぞ。

「敵本拠地の前座となる場面」は初登場作品終了後に
空気化する傾向にある。白玉楼前 階段と同じ。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181927p:plain
永遠亭 居間(Ver.2)
登場作品:永EX
備考
部屋の隅には大量に積まれた布団が隔離されている……
何故こうなっているのか?
その答えは……『えいやしょう』後半にあるぞ。 ヒント:臭い
 
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181928p:plain
無縁塚
登場作品:花無・花有・花EX
備考
閻魔様と小町がふらっと現れる、彼岸花が咲き乱れる場所。
地獄が無いので仕方ない。ここからでも地獄には行けるようだが。

『かえいづかEXTRA』のパッケージ背景には
無縁塚の夜版が使われているが本編では未使用。また、そのパターンか。
今後、使う機会はあるのだろうか。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181929p:plain
博麗神社 居間(Ver.2)
登場作品:花無・花有
備考
博麗神社の居間に黄金の紫像が現れた!

紅魔館 入口でも遠方に置いてあるだけで目立っていたブツだが
こちらではすぐ近くに置いてあるので、一際目立つ。目立ちすぎる。
f:id:kasuga_gensokyo:20140415181930p:plain
紅魔館 跡地(夜)
登場作品:花無・花有
備考
夜の闇に包まれた紅魔館・跡地。
今までの背景には「時間帯の変化」が無かったので、とても新鮮。
f:id:kasuga_gensokyo:20160422001203p:plain
大宇宙
登場作品:花有
備考
ムキュリンニョッポソ星人が元祖マスパ女を連れて
別の幻想郷へ向かう時に登場した場面。
この場所には公式名称が無い為、
説明資料集で表記の際には「大宇宙」という仮称を使用。
f:id:kasuga_gensokyo:20160422001204p:plain
人里(Ver.2)
登場作品:花有
備考
パラレル幻想郷に置ける人里。
いつもの幻想郷と違うのはミスティアが経営する屋台があったり、
霊夢の放った夢想封印(通称はぐれ夢想。野良マスパとほぼ同じ)が
民家の屋根に直撃しているところだ。
 
f:id:kasuga_gensokyo:20160422001205p:plain
玄武の沢
登場作品:風
備考
幻想郷の癒し系スポット。
心の荒んだ者達がやって来ては、ここで癒されている。
水に関する場所は霧の湖以来。
どこかの山間部にあるとされる幻想郷は緑は豊かでも、
水とはあまり縁が無い事を思い知らされる。
f:id:kasuga_gensokyo:20160422001206p:plain
守矢神社
登場作品:風
備考
山道などは全部すっ飛ばして即頂上。
それがこのシリーズの妖怪の山だ。山の途中の背景も見てみたかった。

どこから見ても境内だが、場所名に「境内」は付いておらず、
居間にいたっては存在しない。EXは境内を舞台に使うのだろうか。
広告を非表示にする